50言語対応翻訳機で訪日外国人とのコミュニケーションを活性化

インバウンド(訪日外国人)が増加している。特に地方を訪れる外国人観光客が増えているという。そうした中、日本で過ごす観光客が困っていることの1つに「現地の日本人とのコミュニケーション」があるという。

ソースネクストは、2018年1月4日から6月3日まで、第一交通産業に通訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」を提供し、同社で実証実験を開始すると発表した。

POCKETALKは、英語や中国語、韓国語、フランス語、タイ語、ベトナム語など世界50言語で互いに相手の国の言葉を知らなくても対話ができるIoT機器。入力された音声を、クラウド上で処理する。従来の端末では実現できなかった、正確な音声認識、文字変換、翻訳、音声合成などを行ない、翻訳された音声を瞬時に返すのが特徴だという。

第一交通産業グループは、沖縄県内の路線バス・貸し切りバスの最大手。定期観光バスの訪日外国人の利用者数は年間1万5,000人で、那覇市内の定期観光バス窓口においてPOCKETALKを用いた接客の実証実験を実施する。

今回の実証実験は、今後全国の定期観光バスや観光タクシーで本製品の本格導入を検討するためのもの。ソースネクストでは、今後ますます増えるインバウンド需要に対応し、言語面での接客サービス向上のために同製品が採用されたと説明する。

業界最大手・第一交通産業社の観光バス窓口にて「POCKETALK(ポケトーク)」の実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事