AR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発

商船三井は、古野電気、商船三井テクノトレードと共同で、拡張現実「Augmented Reality」(以下、AR)技術を活用した航海中の操船を支援するシステムの開発をすることで合意した。

この取り組みは、自動船舶識別装置(Automatic Identification System;AIS)の情報をベースに、自船周囲で航行する他船や、海上に存在するブイなどのランドマークの情報をタブレットやディスプレイ上に表示。併せて、船橋からの風景を撮影した映像も表示し、ARを用いて重ねて表示させることで、運航中の乗組員の操船や見張りを視覚的に支援する。

今後は、レーダーで捉えた障害物もディスプレイ上にARで重ねて表示させることや、船舶の衝突回避アルゴリズムである航行妨害ゾーン(Obstacle Zone by Target;OZT)機能を追加すること、また画像認識技術で障害物を捕捉することも視野に入れて、2018年度を目途に機能の拡充を実現していく。また、将来の自律航行船の実現にも寄与する技術として期待しているという。

商船三井は、2016年11月に発表した「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIP PROJECT~」の掲げる高度安全運航支援・環境負荷低減を推進すると共に、ICT技術を利活用したサービス向上を通じ、物流のビジネスパートナーとしてお客様に選ばれる企業グループを目指す。

将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

小さくはじめて大きく育てる 日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版(一部抜粋版)です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事