高速道路の路面温度をドローンで観測

ウェザーニューズは、東日本高速道路(以下、NEXCO東日本)北海道支社と協力し、日本で初めて高速道路でドローンを用いた路面温度の観測を実施した。今後は、北海道内で路面温度の低下が発生しやすいエリアを中心に観測範囲を広げていく予定。

NEXCO東日本北海道支社では、高速道路を安全・安心・快適に利用してもらうため、冬季は路面に凍結防止剤を散布するなどの凍結対策を実施している。路面温度の低下を予測し確実に散布するには、広範囲の観測データが必要になるため、ウェザーニューズは赤外線カメラを搭載したドローンで観測を実施し、路面温度の面的なデータの収集に成功した。上空から広範囲を観測することで、高速道路に設置された観測機器では捉えきれない道路構造による路面温度の違いを可視化した。

NEXCO東日本北海道支社では、高速道路の路面に設置された観測機器からの点の観測データや、整備車両に取り付けられた温度センサーから得られる線の観測データを基に、凍結防止剤の散布作業を行っている。ウェザーニューズは路面温度が低下しやすいエリアを面的に把握することが最適な凍結防止剤の散布につながると考え、基礎データを収集するため、赤外線サーモグラフィー・カメラを搭載したドローンを用いて高速道路の路面温度の熱分布を面的に観測した。

現地での観測は、2017年10月25、26日に道央自動車道岩見沢IC付近の栗沢にある幌向川にかかる高架橋周辺で実施された。既設の観測機器を含む約300mの区間を選定し、朝晩(25日16~20時、26日5~9時)に30分間隔で観測。その結果、道路構造の違いによる温度差を面的にはっきりと捉えることができた。時間帯による変化については、鋼床版および鉄筋コンクリート両構造とも放射冷却の影響を受けて朝の方が低下する傾向が見られ、特に熱しやすく冷めやすい鋼床版では鉄筋コンクリートよりも顕著な温度低下を確認できた。

ウェザーニューズはこれまでドローンを上空の気象観測に用いてきた実績があるが、路面状況の観測に活用したのは今回が初めてとなる。今後もドローンの活用の幅を広げ、新たな観測データを収集・分析することで、最適な道路管理を支援していきたいと考え。

ウェザーニューズ、NEXCO東日本北海道支社と協力し、高速道路の路面温度をドローンで面的に観測

カテゴリー: 情報通信 , ロボット , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事