振動センサー、セキュア網、機械学習エンジンをパッケージ化

これまでの設備診断技術は導入するコストがかかるため、導入は大規模施設に限られており、診断も技術者の感覚に頼る部分が多かった。

ユニアデックスは、機械学習/AI(人工知能)のビジネス活用を検討している事業者を支援するために、「AirInsight Maintenance(エアーインサイト メンテナンス)」の販売を開始した。

AirInsight Maintenanceは、IoT(モノのインターネット)と機械学習/AIを用いて、設備点検診断業務を支援するIoTクラウドサービス。センサーデータ収集や設備点検診断に必要な機械学習を含むIoTクラウドサービス、振動センサーやIoTゲートウエイなどのハードウエアで構成し、ユーザー企業の要望に合わせて提供することが可能。

また、このAirInsight MaintenanceとNTTドコモの「docomo M2Mプラットフォーム」をセットにして、製造業向けにもトライアル版として2018年1月31日から提供開始する予定。

ユニアデックスによると、導入例として、ユーザーの工場などの設備に振動センサーを設置、稼働中設備の振動データの収集・解析を行い、設備の点検診断を実施する。ユーザーの設備に大規模な工事を必要とせず、短期間での導入が可能だという。

導入効果としては、比較的安価なセンサーで、機械学習を使用したAI技術による均一な設備診断が可能となり、既存保守サービスの品質統一化や人件費削減を見込んでいる。また、ドコモが提供するdocomo M2Mプラットフォームのセキュアネットワークを利用したデータ送信を行うため、機械の稼働状況などの情報も守ることができる。さらに、ユーザー自身による固定回線の敷設や、セキュリティーを担保したネットワーク構築、アドレス設計などの面倒な初期構築を省略することも可能。

ユニアデックスとNTTドコモは、製造業向け故障予兆検知ソリューション(トライアル版)の提供を開始します

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事