LTE-M活用により社会インフラ現場の進化を

KDDI、日立システムズ、トミス、イートラストは、福島市水道局の協力を得て、マンホールの遠隔監視におけるIoT(モノのインターネット)向け通信規格「LTE-M (Cat.M1)」の有用性検証を共同で実施した。

LTE-Mは、4G LTEネットワークを利用するセルラーLPWAの一つで、3GPPリリース13に基づくLTE標準規格。

今回の実証実験は、今後水道事業体などにおいて、設備保全や運用をより円滑に進めるための基盤としてLTE-Mが活用されていくことを見据え、技術の検証を目的に福島市水道局と4社で2017年10月に実施した。

基地局から2キロメートル以上離れた場所にある福島市市街地のマンホール内にLTE-M試験端末を取り付け、LTE-Mによるマンホール内の遠隔監視が可能であることが確認できた。

実証実験で、LTE-Mの有用性を確認できたことによって、4社は、日立システムズとトミス、イートラストが2017年10月から提供を開始した「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」において、KDDIのLTE-Mの活用を目指す。

今回の実証実験では、KDDIがネットワーク提供(LTE-M)、電波計測、日立システムズが実証実験実施サポート全般、トミスがマンホールへの機器取り付け作業、イートラストが電波計測支援、福島市水道局が実証実験フィールドを提供している。

セルラーLPWAを活用したマンホール遠隔監視の実用化に向けた実証実験について

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事