「ダッジラム」ベースのコネクテッドカーを

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、2018年1月9日から米ラスベガスで開催される「CES 2018」に出展するため、新型コクピットを搭載したコネクテッドカー「、ダッジラム」をベースにして新たに開発した。

2016年にルネサスとして初めて実車デモを行ったADAS(Advanced Driving Assistance System:先進運転支援システム)搭載キャデラックベースのデモカー、2017年にデビューした自動運転デモを行うリンカーンベースのデモカーも、それぞれ機能と性能を強化した。

ルネサスは、自動運転車向けプラットフォーム「Renesas autonomy」の拡充と強化に努めている。その一環として、これらのデモカーの開発と実車テストを通して得た技術や知見を、OEMやTier 1メーカーに提供することで、試作段階から実用段階へ移行する際に発生する複雑な開発の課題を軽減し、自動運転車やコネクテッドカー実用化の早期実現を目指している。

新開発のクライスラー社ダッジラム1500トラックベースのコネクテッドカーは、コクピットのセンターに17インチのフルHDコンソールを装備し、メータークラスタも12.5インチの3Dのデジタルクラスタを採用。Green Hills Software「INTEGRITY Multivisor」による仮想化機能により、Safe OS上のクラスタ表示と、最新のAndroid8.0を搭載したコンソール上のアプリケーション間の表示連携をR-Car H3で実現する。

フォード・モーター社リンカーンMKZベースの自動運転デモカーは、市街地での自動運転の実現を見据えてバージョンアップを図り、センサーカメラを9個と、GPSとLiDARセンシングを備え、それぞれのセンサーを高性能、低消費電力のR-Car SoCでレーン認識、停止標識、速度制限標識、信号機、歩行者、駐車スペースの検出などを行う。

ゼネラルモーターズ社キャデラックSRXベースのADAS搭載デモカーは、R-Car H3に内蔵された「IMP(Image Processor)-X5」により、3Dサラウンドビューによる歩行者や車両の検出を行ったり、イーサーネットによるサラウンドビューカメラ機能の強化や、車両背後のブラインドエリアの警告などの機能を搭載した。

ルネサス、CES 2018でADAS、自動運転、コクピット開発を実用に向けて加速

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事