児童/生徒の気持ちの状態と交友関係を把握

武蔵村山市立小中一貫校村山学園、NECネッツエスアイは、D2EMOTION製のスマート感情ケア・ソリューション「FEELBOT」を活用して、児童/生徒の気持ちの状態と交友関係を把握し、学級の指導を支援する実証実験を2018年3月まで実施する。

FEELBOTは、児童・生徒がタブレット端末を利用して感情や交友関係を入力し、そのデータを教師が確認することで、児童・生徒の心理状態を分析できるグループ内の構成員管理支援システム。既に韓国では、忠清北道の小中学校73校で利用されている。

今回の実証実験では、D2EMOTIONが、FEELBOTソフトウェアとタブレット端末を貸与し、NECネッツエスアイがFEELBOT用のサーバの貸与、その運用・保守を行う。

児童・生徒は、登校時・下校時の1日2回、自分の気持ちを表現する操作(心の表情、心の色、幸せ点数の選択)を行う。下校時には、好感を持っているクラスの友達に「ハートを送る」。また、教師に直接メッセージを送ることもできる。

教師は、ハートを送るのやり取りの状況により友達への関心の度合いを把握。週や月単位で感情の状態を一覧できるため、変化を早期発見できる。児童・生徒が入力したデータを分析した「感情分布図」によりクラス全体の状況・変化をつかむことができるというメリットがある。

スマートデバイスを活用した感情ケア・ソリューション「FEELBOT」を利用して学級の指導を支援する実証実験を武蔵村山市立小中一貫校村山学園で実施

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事