ブロックチェーン技術を利用したサービスの運用状態を分かりやすく

昨今、ブロックチェーン技術は金融業界をはじめとする、様々な領域への業務適用のために実証実験が実施されている。

NTTテクノクロスは、ブロックチェーン技術を利用したサービスの運用状態を分かりやすくグラフや図で表示する「ContractGate/Monitor(コントラクトゲートモニタ)」を2018年1月22日から販売する。

世界が注目し、広範囲な領域でインパクトをもたらすといわれているブロックチェーン技術をいち早く取り入れサービスを実現しようとしている企業に向けて、NTTテクノクロスでは「ContractGate」シリーズとして運用管理に必要なツール群を提供する。

ContractGateシリーズの第一弾として販売開始するこのツールは、ブロックと呼ばれるレコードのチェーンの状態を分かりやすくグラフや図で表示することで、ブロックのつながりやブロック番号・ブロック生成時間・ブロックハッシュなどの最新の状態を視覚的に確認できる。また、アプリケーションとブロックチェーン基盤間のトランザクション数もグラフで表示されるため、アプリケーションの運用管理を容易にすることが可能だ。

ブロックチェーンを利用したサービスの実現に向けてPoCで効果や課題を確認する際にも動作や機能を可視化できるため、ブロックチェーンを利用したサービスのデモンストレーション支援ツールとしても活用できる。

このツールでは、ブロックチェーンのトランザクション数やブロックのつながりの最新状況をグラフやチェーンフロー図で表示する。また、チェーンフロー図をクリックすることでブロックに含まれている詳細情報をポップアップ表示可能。

スマートコントラクトの関数に対して分かりやすく名称を登録しておくことで、その名称を用いてリスト表示できる。接続先ノードに到着したトランザクションを分類して分かりやすく日本語表示する。また、ブロック内にあるユーザーを特定する16進数のアドレスと任意のユーザー名を対応づけてアドレス帳に登録しておくことで、画面にユーザー名で表示できるため動作の確認を容易にする。

ContractGate/Monitorの販売価格は、1ライセンス当たり50万円から(税別)。

ブロックチェーン技術応用サービス向け運用ツールシリーズ発表 第一弾として、ブロックチェーンの状態をグラフや図で表示「ContractGate/Monitor」販売開始

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事