CPS/IoTの市場規模は2030年に404.4兆円に JEITAが予測

電子情報技術産業協会(JEITA)は、CPS(Cyber Physical System)/IoT(Internet of Things)の利活用分野別の世界市場調査の結果を公表した。

CPS/IoTの市場規模は、2016年に世界で194.0兆円、日本で11.1兆円だったものが、2030年には世界で404.4兆円、日本で19.7兆円とそれぞれ約2倍の成長となることが見込まれている。背景には様々な課題に対する社会的な要請に加えて、ネットワークにつながる機器とソリューションサービスのさらなる拡大があり、各種機器のIoT化率は2030年には8割を超える見込みだ。利活用分野別にみたとき、2030年に向けて年平均の成長率が著しいと予想される分野は「農業」で年平均20.2%と最も高い伸び率となり、次が「医療・介護」の10.9%、「流通・物流」10.4%の成長を見込んでいる。

日本市場においては、「流通・物流」と「医療・介護」の利活用分野の成長が著しく、それぞれ2030年までに2.4兆円、1.3兆円と大きく成長することが予測される。「流通・物流」や「医療・介護」の分野は、就労人口減少による人手不足、少子高齢化や地方の過疎化など、様々な社会課題に直面している。その解決策の一つとしてCPS/IoTの活用による生産性向上や、今までにない新たな仕事の進め方による働き方改革が強く求められており、これからの課題解決は経済全体の成長にもつながるとJEITAは説明する。

JEITAは今回の調査結果をベースとして、CPS/IoT市場の着実な成長を図るべく、国や各種機関・会員各社と連携し、様々な施策に取り組んでいく方針。Society 5.0を推進していくことで、日本が直面する社会的課題の解決と新たなビジネスの創出を目指す考え。

CPS/IoTの利活用分野別世界市場調査の発表について

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事