mixi、超高齢社会に向けてヘルスケア事業に参入

ミクシィは「株式会社スマートヘルス」を設立し、来るべき超高齢社会を見据えたヘルスケア事業に参入することを発表した。エビデンスに基づく最適な運動プログラムとコミュニケーション設計で健康寿命延伸を目指す。

超高齢社会を迎える日本では、社会保障給付費(年金、医療、福祉、介護に係る費用)の増大により国の財政を圧迫することが社会問題になっている。厚生労働省によると2015年度における社会保障給付費が約120兆円だったのに対し、2025年における社会保障給付費の推計総額は約150兆円にも上ると試算されている(厚生労働省:2012年「社会保障に係る費用の将来推計について」)。

今回設立されたスマートヘルスでは、この社会問題において男性 9.13年、女性 12.68年とされている平均寿命と健康寿命のギャップの縮小が重要であるとの認識のもと、社会保障給付費削減に向けた取り組みとして推奨される介護予防に着目。ミクシィで培ったコミュニケーション設計のノウハウと融合させた新しいヘルスケア業態を展開するという。これにより健康寿命の延伸を図り、社会保障給付費削減の一助となることを目指す考え。

ヘルスケア事業参入と子会社設立のお知らせ

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事