JR東日本とDeNA、レンタカー無人貸出サービスの実証実験

特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることができる「カーシェアリングサービス」の利用が増えている。自宅に所有車はないけれど、短時間・高頻度で車を使いたいという人に向いている仕組みだ。その普及を後押しするための実証実験が開始される。

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)とディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」を活用し、JR東日本レンタリースの保有車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を2017年12月18日から開始する。

実証実験では、Anyca上でJR東日本レンタリースが所有する車両と、利用したい個人とのマッチングを行う。無人貸出の車両を利用したい場合、Anycaのスマートフォンアプリで事前に車両を検索・予約し、クレジットカードにて決済する。今回利用できる車両には、アプリで車両のドアの解錠・施錠ができるスマートキーデバイスを搭載することで、対面での手続き無しに車両の乗り出しや返却を可能にした。

実証実験は、2017年12月18日から2018年6月末まで実施予定。新潟や長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗で各1台(日産NOTE)が提供される。料金は24時間当たり4,000円から(地域、時期によって異なる)。

カーシェアリングが普及する中、より手軽に利用できる駅からの二次交通を整備し、ユーザーの利便性向上や地域の活性化につなげることを目的に、通常対面で行っているレンタカーの貸出手続きを無人で行い、利用ニーズや利便性を検証する。

JR東日本・DeNAがレンタカー無人貸出サービスの実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

小さくはじめて大きく育てる 日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版(一部抜粋版)です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事