NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験

スマートフォンなどで利用されるモバイル通信技術である「LTE方式」の中でも、IoT機器向けの規格である「NB-IoT」。IoT向けの規格として実用的で、かつLTEで培われた技術や経験・設備を流用できるため、携帯電話事業者による実証実験などにより実用化に向けた動きが進められている。

愛知時計電機とソフトバンクは、LPWAの通信規格の一つである「NB-IoT」を利用した水道メーターの自動検針の実証実験を2018年1月下旬から開始する。NB-IoTを利用した水道メーターの無線自動検針の性能、有効性の確認と、取得データを活用した新たなサービスの開発が目的。愛知県内の水道事業体を対象に実施する。

両社はこの実証実験で無線自動検針化による検針コストの削減や漏水検知、水運用計画の効率化の他、スマートメーターで取得するデータと日常の活動との関連性を分析し、見守りサービスやヘルスケアなど新しいサービスの創出に向けて検討を進める。

具体的には、地中に設置されている水道メーターの検針値について、NB-IoTを利用して取得した時の受信強度や通信成功率、通信時間などを確認。水道メーターのスマート化にNB-IoTが適用できるかを検証する。

実証で利用する水道メーターは愛知時計電機が開発中の光ピックアップ方式の水道メーターにNB-IoT対応モジュール(セイコーソリューションズ製)を搭載しており、水道メーターとソフトバンクのIoTプラットフォーム間のデータ通信量を削減してデバイスの低消費電力化を目指す。

通常2カ月に一度実施している検針業務については、データ取得のタイミングの短縮化を検証する。また、同じ地域や時刻から取得できる複数の水道利用データをソフトバンクのIoTプラットフォームを通じて可視化し、電力、ガス、他センサーなど他のデータと連携させながら総合的に分析する。漏水や災害時での素早い対応、様々な活用方法についても併せて検討する。

今後、両社は実証で得られた知見や課題を通じて、水道メーターのスマート化およびデータ活用に向けて取り組む予定。

NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験について

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事