ドローンからのデータを直感的に見える化

電子の眼をもつ小型無人機ドローンの活用分野は近年急拡大している。趣味の空撮にはじまったそれは映像のプロへと、そして遺構調査やインフラの点検、一次産業、造船や工事現場での省力化に活かされ、離島などへの物資輸送とか災害時の救援活動等にも用いられようとしている。

これまでのドローン用アプリケーション、ドローンで計測されたデータの可視化操作は複雑で、アプリ自体高価でもあるため、誰もが扱えるものではなかったという。サイバネットシステム社はきょう、ドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer」を開発したことを発表。同ビューアーは、「ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献」を目指すドローンベンチャー企業のスカイロボットが、販売開始する予定だとした。

「Sky Viewer」は、サイバネットの可視化ツール「AVS/Express」で開発したパッケージソフトであり、ドローン用のデータを確認するための必要な機能だけを搭載し、簡単に操作できるようにシンプルなユーザーインターフェイスにすることで、計測者以外のユーザーにも直感的にデータ操作を行える設計になっているとのこと。

空撮データの代表的フォーマットによるOBJファイルを読み込め、読み込んだデータは3次元で表示されるので、ビューアー内で回転、拡大、縮小や視点を変えたアニメーションを作成することができる。ほかに次のような機能を備えている。

計測機能:読み込んだ3Dデータの2点間の距離測定が可能。
フライスルー機能:マウスでピックするだけで、簡単にアニメーションの経路を作成可能。その経路に沿った視点で動画を再生できる。

VR機能:3Dデータは簡単に仮想現実(VR)空間に表示でき、3Dプロジェクタやヘッドマウンドディスプレイなど様々なVR機器の表示に対応。

サイバネットは今後も顧客ニーズに応じたソフト開発をしていく構えだ。

ドローン計測データの可視化用に簡易ビューアーを開発

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事