日本TI、センサー群をクラウドに接続するイーサネットマイコンを提供開始

日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は、複数のセンサーをゲートウェイ経由でクラウドに接続する機能の簡素化に向けて、有線とワイヤレス接続マイコン向けの単一ハードウェアと共通ソフトウェアとツール群で構成された「SimpleLink」マイコン製品プラットフォームに新型のイーサネット接続対応マイコンを追加した。

SimpleLink「MSP432」イーサネットマイコン製品は、高性能の120MHzの「Arm Cortex-M4F」コアにMACやPHYを統合、グリッドインフラストラクチャや産業用オートメーション向けゲートウェイなどのアプリケーションで、製品の市場投入期間の短縮化に役立つという。

日本TIによると、イーサネット MACとPHY、USB、CAN(Controller Area Network)や先進の暗号化アクセラレータを統合した新型の「MSP432E411Y」マイコン製品を使うことで、開発各社は製品の設計時間の短縮、プリント基板レイアウトの簡素化が図れるという。

また、開発キット「SimpleLink SDK」を使うことで、MSP432に統合されたシリアルインターフェイスを経由し、複数の有線通信とSub-1 GHz、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレスコネクティビティをまとめ、終端ノードをクラウドに接続できる。

さらに、業界で最も幅広い有線とワイヤレス向けArmマイコン製品ポートフォリオの一部であり、SimpleLinkイーサネットマイコン製品でグリッド、工場やビル向けの終端ノードやインテリジェントゲートウェイ製品の設計に共通のコード基盤を活用できる。

設計者はSimpleLinkワイヤレスマイコン製品を活用して、1個のゲートウェイに最大50本のセキュアセンサーノードを接続してワイヤレスセンサーネットワークを構築できる。この「MSP432E4」イーサネットマイコン製品を搭載したゲートウェイは、集中管理コンソールとして動作し、データを処理・集約してイーサネット経由でクラウドに送り、より詳細なデータ解析、可視化や記憶などを可能にする。

これらの種類のゲートウェイ製品を開発するユーザーは、既存の有線方式の製品とのインターフェイスに、最新のワイヤレス接続技術を追加できるという。

日本TI、センサ群をクラウドに接続、有線とワイヤレス・コネクティビティを融合するSimpleLinkイーサネット・マイコン製品を発表 | 日本テキサス・インスツルメンツ

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事