Pepperによるレジ業務の自動化が可能に

労働人口の減少に伴い、小売店などの店頭スタッフ一人当たりの負担が重くなる中、接客業では人手不足や生産性向上、人件費高騰が課題となっている。この課題を解決する方法として、セルフレジシステムやサービスロボットなどを活用する企業が増えている。

三菱UFJニコスは、ソフトバンクが2017年12月提供予定の店舗向けセルフレジサービス「レジ for Pepper」に、自社のクラウド型マルチ決済システム「J-Mups(ジェイ・マップス)」を接続し、電子マネー決済サービスを実現する仕組みを整えたと発表した。

レジ for Pepperは、注文の受け付けから決済までをPepperが代行するサービス。日本語、英語、中国語での接客が可能で、多彩な決済手段を用意している。その中の電子マネー決済について、J-MupsによるPepperの接続を可能にした。

レジ for Pepperで利用できる電子マネーは、Suicaなどの「交通系IC」「nanaco」「WAON」「iD」「QUICPay」の5種。PepperとJ-MupsをWi-Fiで接続し、電子マネーを読み取るリーダーライターをPepperに備え付けて運用する。

具体的に利用者は、店頭で呼び込みを行うPepperの案内に従い胸の位置にあるタブレットで商品を選択する、リーダーライターに電子マネーをかざして支払いを済ませ、打ち出されたレシートをカウンターに持ち込み商品を受け取る仕組みとなっている。店舗では、接客から受注、決済処理までを人手を介さずに対応できる。

導入第一弾として、カルビープラス原宿竹下通り店(カルビー直営店)で、2017年12月11日から24日までの期間限定で取り扱う。同店で利用できるのは、今回は交通系ICのみとなる。

三菱UFJニコス、ソフトバンク「Pepper」に「J-Mups」を接続 「レジ for Pepper」で電子マネーの取り扱いを開始!

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事