製造業でのAI利用促進において協業、ウイングアークとスカイディスク

ウイングアークとスカイディスクは、ウイングアークが提供する情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を中心にした製造業向けMES(製造実行システム)と、クラウドAIプラットフォーム「SkyAI」の連携、製造業でのAI利用促進において協業することを発表した。

スカイディスクのSkyAIは、様々なIoTセンサーデバイスで収集したデータからAI学習モデルを生成し、正常異常判定や予測などの結果を分かりやすく表示するサービス。具体的には、パターン認識や予測分析、画像認識、特徴量分析、クラスタ分析などのIoTデータ分析に適した解析モジュールを組み合わせる。それにより、人では気づかない故障の予兆の検知、熟練技術者の知見・意思決定プロセスのデータ化、異常検知時のアラート、異常の原因となる油切れやすべり軸受の傷といった具体的な内容の検知などを可能にする。

ウイングアークのMotionBoardは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)データのリアルタイム可視化や地図データを標準搭載するBI(ビジネスインテリジェンス)ツール。同社は、MotionBoardを活用した製造業向けMESサービスを展開している。

今回、製造業向けMESサービスに統合されたデータに対して、予測分析など時系列データの解析モジュールを提供するSkyAIを連携する。蓄積したデータからAI学習モデルを生成し、良品判定や設備の不良予測などを表示するサービスを展開するという。

連携サービスでは、MotionBoardで目的となる設備の稼働率向上や品質改善のためのデータが整理されているためAI活用に取り組みやすい。また、SkyAIはクラウドサービスで提供されており、アジャイル開発をしながら、運用時のモデル学習などを柔軟に対応できるという。その結果、費用対効果を段階的に見極めながらAIを活用することが可能になる。

両社はさらにAI学習モデル作成を含めた導入支援サービスも用意。包括的な生産現場の高速PDCAを可能にし、AIを活用した将来予測への取り組みを支援する。今後も製造業でのAI活用における共同研究を進める計画。

ウイングアークとスカイディスク 工場内の生産状況が可視化できる製造業向け「MESソリューション」とAI(人工知能)活用で協業

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事