Amazon Echoとスマート家電コントローラを全戸導入

横浜市住宅供給とソフトバンクグループのエンコアードジャパン、ソフトバンクは、エンコアードが提供するプラットフォームサービス「エネトーク」とスマートスピーカー「Amazon Echo」、Wi-Fi学習リモコン「スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」を全戸導入すると発表した。

横浜MIDベースタワーレジデンスは、エネトークとAmazon Echoを導入することで、音声により様々なスマート家電を操作することが可能となる。また、電気使用量などのエネルギーデータによる生活パターンと組み合わせることで、居住者ごとに快適な生活につながる情報を発信できる。

エネトークは1秒ごとの細かな電力データから得られた波形を独自の人工知能(AI)技術で解析する。全体の電力量から主な家電製品の電力量を推定するとともに、家庭の生活パターンを予測する。また、これらの抽出されたデータを組み合わせることで効果的な節電アドバイスや家電製品のエネルギー効率診断、高齢者見守りをはじめとする様々なサービスを構築できる。

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3は、ソフトバンク コマース&サービスとラトックシステムが共同開発したWi-Fi学習リモコン。Amazon Echoと接続し、声でテレビやエアコンなど、自宅の家電を操作できる。例えば、「アレクサ、家電リモコンでエアコンをつけて」と話しかけるだけで家電を操作でき、寒い朝ベッドの中からエアコンをつけたり、料理中など両手がふさがった状態でもテレビのチャンネルやボリュームの変更などが行える。

エンアコードによると、今回の全戸導入は最新IoTやAIを活用する革新的な取り組みであり、見守り・防犯機能の進化や資産価値の向上を図るとともに、地域のコミュニケ―ションツールとして機能することが期待できるという。

革新的なIoT・AIテクノロジーを横浜市住宅供給公社が新築分譲マンション「横浜MIDベースタワーレジデンス」に全戸導入

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事