AIを活用した架空送電線診断システムを共同開発

東京電力パワーグリッドとテクノスデータサイエンス・エンジニアリングは、マイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」を基盤とするAIを活用した架空送電線診断システムの共同開発を開始した。2018年度上期からの運用開始を目指す。

東電PGがこれまでに蓄積してきた架空送電線のVTR撮影データや点検技術と、TDSEが保有するAIや深層学習の技術を融合させる。システムを共同開発することで、これまで作業員が確認していたVTRによる点検作業をAIが行うことで、異常検知の高度化と、点検作業時間の50%以上の短縮を見込んでいる。システムの開発にあたっては、架空送電線の点検作業に導入を検討しているドローンで撮影したVTRデータについても、異常を自動判定できるものを目指す。

東電PGは、架空送電線の健全性確認にあたり、通常、保守作業員による高倍率スコープを用いた地上からの点検や、実際に鉄塔に昇り専用の器具で送電線にぶら下がっての点検を行っている。山間部など保守作業員が容易に確認できない一部の架空送電線については、ヘリコプターで撮影したVTRを、作業員がスローモーション再生で点検を行っていたため作業に長時間を要していた。今後は、点検品質の向上と併せて、さらなるコスト削減を目的とした効率的な健全性確認を実施することが求められていた。

TDSEは、金融や製造、流通・情報サービスなどの大手企業で200テーマ以上のコンサルティング・解析実績が有する。独自開発の AI 製品「scorobo」を提供し、そのノウハウを生かして「異常検知ソリューション」などのIoTデータ分析サービスを提供し、製造業を中心に実証実験や共同プロジェクトを推進している。

今回の開発を通じて、東電PGは、電力設備の保全技術の高度化とさらなるコスト削減を進める中での電力の安定供給に努める。また、TDSEは今回の共同開発をはじめ、AIを活用した設備保全効率化サービスの展開を目指す。

AIを活用した架空送電線診断システムの共同開発の開始について

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事