AI活用を成功させるための担当者連携を推進

日本電気(NEC)は、人工知能(AI)活用における検証から導入、活用までをトータルに支援するAI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」を提供開始した。同社の人工知能技術「NEC the WISE」を含む多様なエンジンを搭載する。

昨今、企業ではAIを活用した新たな価値創出による業務効率化や、新ビジネス創出への期待が高まり、AIに対する新たなIT投資を考えている企業が増えている。しかし、AI活用を成功させるには、検証から導入、活用までの3つのフェーズでスキルの異なる担当者が連携して進める必要がある。

NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習は、AI活用におけるデータサイエンティストによる「検証」、アプリケーション開発者による「導入」、ユーザーによる「活用」を包括的に支援し、スキルが異なる担当者が協働できる機能を提供する備えたクラウドサービス。

データサイエンティストによる検証のためのプラットフォームとして、対話型UI「Jupyter Notebook」を採用し、高い予測性能と解釈性を備えたNECのAI技術「異種混合学習技術」とエンジン「scikit-learn」を統合し提供することで、各種アルゴリズムを単一環境で実行可能にした。

アプリケーション開発者による導入では、検証で作成した分析手順や分析モデルをAPI化できるため、アプリケーションへの組み込みが迅速に行え、検証から活用までを短縮できる。

200件以上のプロジェクト経験を持つNECのデータサイエンティストチームによる実データを用いた分析検証の支援や、継続的な分析業務アウトソーシングなどのサービスを提供する。

NECによると、同社の最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習技術」に加え、デファクトスタンダードのオープンソースソフトウェアを搭載し、多様なエンジンから最適な分析手法によるモデル作成を支援するという。

既に新日鐡住金と共同で行った物流コスト最適化の検証時に採用されている。

昨今、企業ではAIを活用した新たな価値創出による業務効率化や、新ビジネス創出への期待が高まり、AIに対する新たなIT投資を考えている企業が増えている。しかし、AI活用を成功させるには、検証から導入、活用までの3つのフェーズでスキルの異なる担当者が連携して進める必要がある。

NEC、検証から導入、活用までをトータルに支援するAI活用プラットフォームを販売開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

関連記事