IoTで温度管理輸送を支援するクラウドサービス

東芝デジタルソリューションズは、温度管理輸送を必要とする食料品や医薬品などを取り扱う物流企業向けに「輸送品質見える化・分析クラウドサービス」の販売を開始した。管理湿度範囲からの逸脱を特定する。

輸送品質見える化・分析クラウドサービスは、冷凍・冷蔵食品や生鮮食料品、酒類、医薬品、フィルムなどの化成品のように日常的に輸送環境状態を把握する必要がある荷物について、温度や湿度、衝撃など輸送環境情報と輸送業務情報の見える化と分析を可能にする。東芝IoTアーキテクチャ「SPINEX(スパインエックス)」に基づき開発されたクラウドサービス。

荷物や車両に取り付けたセンサー機器から、輸送環境の温度、湿度、衝撃データをクラウド上に収集し、上限・下限の管理ルールと輸送業務情報との関係を可視化・分析することで、サービスを利用する物流企業の輸送品質の維持・改善活動を支援する。

輸送品質見える化・分析クラウドサービスでは、「運転日報リンケージレポート」機能を備えている。同機能は、トラックに設置したセンサーデバイスで収集した、温度データと運転日報情報を掛け合わせて可視化する「運転日報リンケージレポート」機能によって、拠点配送において輸送温度を逸脱する配送先を特定できる。

また、ドライバーから回収した運転日報の情報をWeb入力する機能、トラックに設置した対応センサー機器からデータを収集するスマートフォンのアプリケーションにより日常業務の中でデータをクラウド上に収集でき、全社品質活動の展開が比較的容易になるという。

さらに、温度の管理ルール逸脱の他、配送作業時間の予定実績を比較する拠点別月次分析機能を活用することで、予定外の作業が発生しているルートや配送先を特定し、作業内容やルート、予定の見直しが図れるという。

IoTで温度管理輸送を支援する「輸送品質見える化・分析クラウドサービス」の販売開始について

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事