2017年12月1日(金)開催 実践 アプリケーションセキュリティ

自動運転技術、IoT/M2Mや、Fintechの普及にあたっては、非常に高度なレベルでセキュリティを確保することが求められています。 そのような中、セキュリティ対策として、ネットワークセキュリティとともに、アプリケーションセキュリティや、開発環境と運用環境の統合化を行うDevOpsにセキュリティを組み込むDevSecOpsという考え方が注目されています。

一般社団法人ビジネス&パブリックアフェアーズ(東京都新宿区)では、2017年12月1日(金)に開催される「Checkmarx Security Conference Tokyo 2017~実践 アプリケーションセキュリティ~」に協力団体として参画させていただく運びとなりました。

セミナー概要

自動運転技術、IoT/M2Mや、Fintechの普及にあたっては、非常に高度なレベルでセキュリティを確保することが求められています。 そのような中、セキュリティ対策として、ネットワークセキュリティとともに、アプリケーションセキュリティや、開発環境と運用環境の統合化を行うDevOpsにセキュリティを組み込むDevSecOpsという考え方が注目されています。

本イベントでは、セキュリティ診断の標準や規格を策定している世界的な組織であるOWASP(Open Web Application Security Project) JapanにおいてChapter Leaderを務める岡田 良太郎氏を招聘し、アプリケーションセキュリティへのアプローチ法について、講演いただきます。また、独SAP社におけるセキュリティテスト戦略の立案、テストツールの導入事例についてご紹介いたします。

日時 2017年12月1日(金) 10:00~17:00
開催内容 Checkmarx Security Conference Tokyo 2017 - 実践 アプリケーションセキュリティ -
費用 無料 (要事前登録)
空席 あり
定員 100

セミナー申し込みはこちら 

セミナー詳細

セミナー名

Checkmarx Security Conference Tokyo 2017
実践 アプリケーションセキュリティ

開催日時 2017年12月1日(金) 10:00~17:00
参加費 無料 (要事前登録)
主催 東陽テクニカCHECKMARX
協力 Microsoft UBsecure ネットワーク応用技術研究所 bp-Affairs

カテゴリー: 情報通信 , DevOps , カテゴリースポンサー , 東陽テクニカ   

Foresight & Insight