自動運転者向け製品にルネサスを採用、トヨタとデンソー

ルネサス エレクトロニクスは、トヨタ自動車とデンソーが2020年の実用化に向けて開発中の自動運転車に、車載情報・ADAS用SoC「R-Car」と車載制御用マイコン「RH850」を含む自動運転車向け製品が採用されたことを発表した。

今回、ルネサスはこれまでに培った車両開発の先進技術やノウハウが認められ、トヨタが2020年に市場導入を予定している自動車専用道路上で分岐合流、追い越し、レーンチェンジなどを、ドライバーの監視下で自動で行うクルマ「Highway Teammate」の主要半導体ベンダーに選出された。

また、デンソーが開発する自動運転用ECUに向けて、外部からのセンサー情報を基に自車位置を高精度に推定し最適な運転計画を瞬時に判断する自動運転の頭脳部分として、ルネサスの「R-Car」が選ばれた。さらにR-Carの判断を受けて、「走る」「曲がる」「止まる」の制御を行うマイコンとして「RH850」が選ばれた。これは、自動運転車の普及を左右する性能と消費電力のバランス、さらに信頼性の高いトータルシステムが評価されたことによるものだとルネサスは説明する。

トヨタ自動車の常務理事 鯉渕 健氏は、「トヨタは、安心、安全なクルマ社会の実現に向けて、常に先端の技術を追い求め、最高のデバイスや素材を備えたシステムを選定しています。今回、その技術と知見に優れるデンソーとルネサスをパートナーとしたことにより、自動運転車の開発を加速させ、早期の普及を目指します」とコメントしている。

また、デンソーの常務役員 隈部 肇氏は、「トヨタの自動運転車向けに、その頭脳ともいえるECUを、ルネサスと共に開発します。デンソーは高性能な半導体を用いて、高度なシステム設計力とソフトウェア開発力を最大限に発揮し、信頼性の高い自動運転車のECUシステムの完成を目指します」と述べている。

ルネサスは、トヨタ、デンソーと自動運転車の早期普及を強力に推進

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事