サイプレス、デンソーの最新車載ステレオ画像センサーに技術提供

サイプレスセミコンダクタは、世界的な自動車部品メーカーであるデンソーが先進運転支援システム向けの最新ステレオ画像センサーの開発のためにサイプレスの6チャネル車載PMIC、FL-SシリアルNORフラッシュ・メモリを採用したことを発表した。

デンソーのステレオ画像センサーは、画像処理技術を使用して白線や様々な形状の障害物、路面上の空間を効果的に検知する。これにより、距離を正確に測定しながら緊急ブレーキ装置を自律的に作動させて衝突を防止する技術を実現できる。サイプレスの高度に統合された6チャネル車載PMICは、センサー全体の電力を調整し、FL-S NORフラッシュ・メモリは、システムの高速なプログラム実行を可能にする。サイプレスによると、両デバイスは小型フットプリントで、コンパクトなデザインに最適だという。

サイプレスの自動車事業本部アナログ事業部長である長屋 清永氏は「当社のソリューションは小型フットプリントと世界クラスの性能を備えており、デンソー社の革新的なステレオ画像センサ要件に合致していた。当社の車載PMICおよびフラッシュ技術が、スマートで高精度な、信頼性の高い安全機能を実現するこのステレオ画像センサに採用されたことを誇りに思う」とコメントしている。

サイプレス、車両安全性を高めるデンソー社の最新車載ステレオ画像センサに技術提供

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事