データセンターの自動化運用にIoT/AIを活用

NTTデータ、NTTファシリティーズ、インテル、Future Facilitiesの4社は、NTTデータ所有の都内データセンターにおいて、空調設備の省エネルギー化と運用高度化を目指した実証実験を2017年10月25日から開始した。

近年、クラウドサービスの進展やビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などの利用拡大により、データセンターの消費エネルギーが急増。CO2排出量の削減や省エネルギー化の必要性が高まっている。

NTTデータによると、これまでのデータセンターでは、システム運用などのICT機器の領域と、電源や空調などの設備(ファシリティ)の領域がそれぞれ独立して個別に最適な保守・運用を実施しているため、データセンター内のエアフロー阻害などに伴うホットスポット(熱溜り)の発生や過冷却によるエネルギー消費量の増加など非効率な運用となっている例が少なくなかったという。

これらの課題解決のため、今回の実証実験ではデータセンターの空調運転制御に着目し、ICT機器から設備までを含めた連携制御による全体最適化を実現することで、品質向上やコスト低減(エネルギー・運用コスト)を図り、データセンタービジネスの競争力強化と環境負荷低減を目指す。

今回の実証実験では、データセンター内の温度センサーだけでなく、ICT機器もIoTセンサーとして活用し、機器自体の温度やその他ビッグデータ(CPU使用率、電力使用量など)を取得。その情報をAI技術で解析し、データセンターの空調最適制御の実用化を検証する。

NTTデータは、自社データセンターで各社のソリューションを活用しながら実証実験環境を構築し、自社データセンターの構築運用経験で得られたファシリティとIT運用の知見・ノウハウを各社に提供し、本実証実験のプロジェクトマネジメントを実施する。NTTファシリティーズは、データセンターの空調設備構築、運用に関する知見、ノウハウを提供する。またAI技術によりデータセンター空調機の最適制御を行う「SmartDASH」を「インテルデータセンター・マネージャー」と連携し、空調制御の実用化を検証する。

また、インテルは、ICT機器の消費電力、温度データを収集可能な「インテル データセンター・マネージャーSDK」の提供と、それに伴うインテル Xeonプロセッサー製品群で利用可能な「インテルノード・マネージャー」を含むテクニカルサポートを提供する。Future Facilitiesは、データセンターの温熱環境をシミュレーションするための3次元熱・気流解析技術を活用したデータセンター運用サービス「6sigmaDCX」を提供する。4社は今後、データセンターの完全運用自動化に向けた取り組みを推進する予定。

IoT・AI技術を活用したデータセンターにおけるエネルギー効率化の実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事