LTE Cat-M1/NB-IoT規格に準拠したRF送受信特性/スループット測定を実現

アンリツは、「ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821C」で、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器の評価を可能とするソフトウェアを開発し、販売を開始した。RF送受信特性測定とスループット測定を可能にした。

ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821Cは、各種無線端末の無線通信機器で利用される周波数であるRFの送受信試験機能と擬似基地局機能を一体型にした測定器。今回機能強化を図り、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器のRF送受信特性(信号の出力レベルや周波数エラーの許容範囲など)と最大スループットの評価を可能にした。

今回開発したソフトウェアは、「LTE Category M1 測定ソフトウェア MX882116C」、「LTE Category M1 IPデータ転送 MX882116C-006」、「NB-IoT 測定ソフトウェア MX882117C」、「NB-IoT IPデータ転送 MX882117C-006」の4種。これらのソフトウェアをMT8821Cにインストールすることで、LTE Cat-M1とNB-IoT機器のRF送受信特性と最大スループットを評価する。

LTE Cat-M1とNB-IoTのRF送受信特性は、LTE端末の送受信特性、性能に関する要求事項や、測定手順などを規定した3GPPの規格である「3GPP TS36.521-1」の6章、7章で規定されている。MT8821Cを使用することで、3GPP規格への適合性を評価できる。

また、LTE Cat-M1とNB-IoT機器は、「eDRX」や「PSM」といったLPWA技術により低消費電力を実年する。MT8821Cは、試験対象機器と通信した状態で評価が行えることから、eDRX、PSMの動作状況を確認できる。

LTE Cat-M1とNB-IoT機器は、スマートメーター、ホームセキュリティ、貨物等の追跡監視、自動販売機、ヘルスケア機器など、さまざまな分野で使用されることが期待されています。

LTE Cat-M1は、北米の通信事業者がサービスを導入しており、日本や欧州などの通信事業者も2017年中にサービス開始を予定。またNB-IoTも欧州の通信事業者がサービスを導入しており、日本や中国などの通信事業者もサービス開始を計画中で、今後開発用測定器のニーズが高まることが見込まれている。

ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821CでLTE Cat-M1/NB-IoT規格に準拠したRF送受信特性測定とスループット測定を実現

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事