東芝機械、電動式射出成形機の最新機種を発表

東芝機械は、電動式射出成形機ECシリーズの最新機種「EC-SXIII」製品群を開発し提供を開始する。インダストリー4.0への対応を見据えて各種機能を強化した。

射出成形(Injection Molding)とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法のこと。

東芝機械によると、EC-SXIIIでは軽量化成形、多材・多色成形などの成形技術を自社のノウハウで最適化し、「モジュール化オプション」を充実させることで高付加価値な成形に貢献するという。また、650トン以上の大型機種で型開閉速度の向上と金型交換に要する時間短縮を図ることで、段取り時間と生産サイクルの短縮が可能となり生産性の向上を図った。

さらに、オプションとして型締力UP仕様を用意し、ワンサイズ下の機械でも同等の成形対応ができるという。

射出成形機と周辺機器の接続機能を強化し、成形機から機能の一元設定・モニタを可能にした。成形条件と周辺機器設定を一括管理し、設定ミスの防止と省人化に貢献できるという。また、SXIII向けに新型コントローラー「INJECTVISOR-V70」を開発、「視認性」「操作性」「設定自由度」の向上を図ることで生産性の向上を支援する。

EC-SXIIIでは、19インチの「抵抗膜式タッチパネル」を採用した上下2画面構成とし、メニューの視認性、条件設定のしやすさなど操作性を向上させた。また、中子・押出・空気吹付の動作タイミングを画面上で確認しながら自由に設定できるようにすることで、様々なニーズに応えるようにしたという。

金型交換の多い生産でも自動化できるよう、生産スケジュールと工程間段取りを自在に設定できる機能「PRODUCTROL」を搭載している。

新型電動式射出成形機EC-SXIIIシリーズを開発(新素材成形対応・拡張機能向上で高付加価値成形に貢献する世界標準機)

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事