組み込みLinuxの10年超の長期サポートを可能に

ルネサス エレクトロニクスは、自社の「RZ/G Linux プラットフォーム」をバージョンアップし、同プラットフォームが産業グレードのオープンソースソフトウェア基盤を提供するCIPプロジェクトの成果となる「CIP SLTS Linuxカーネル」に対応したことを発表した。

RZ/G Linuxプラットフォームは、Armベースのマイクロプロセッサ「RZ/Gシリーズ」と、開発ボード、動作検証済みのLinuxパッケージ、各種アドオンソフトウェア、クラウド開発環境から構成される。ユーザーは産業機器にLinuxを導入する際の開発に関わる時間と初期コストを約40%削減できる。またCIPカーネルの効果として、長期サポートを行う場合に年間数千万円単位でかかっていたメンテナンスコストを削減可能。さらに今回のバージョンアップによって、ライフサイクルの長い産業機器にLinuxを採用することが容易になり、市場への参入を支援できると同社は説明する。

また、従来、Long-Term Support(LTS) Linuxのメンテナンスは約2年だったが、CIP SLTSカーネルに対応したことで組み込みLinuxの10年を超える長期サポートとメンテナンスが可能になった。ルネサスは、ユーザーはLinuxのメンテナンスに費やすコストを削減でき、また信頼性の高い、リアルタイム性が向上した産業グレードのLinuxを製品に導入できると説明する。

日本で2016年10月から提供してきたRZ/G Linuxプラットフォームを海外からもアクセス可能な英語版のルネサスマーケットプレイスを新たに開設した。これらにより、ルネサスはRZ/G Linux プラットフォームをハードウェア、ソフトウェア、開発環境を含む産業向け組み込みLinuxプラットフォームと位置付け、世界標準を目指すという。

RZ/G Linuxプラットフォームが、10年超の長期サポートを実現するCIPカーネルに対応

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事