固定電話網のIP化にて、インターネットEDI移行を促進

企業間取引のデータ伝送網が変わる。INSネット(ISDN)ディジタル通信モードが2024年1月に終了予定であり、同月から翌年1月までに固定電話網からIP網への移行完了が予定されている。

NTT東西では「固定電話のIP網移⾏後のサービス、及び移⾏スケジュール」を公表。総務省からは「固定電話網の円滑な移行の在り方」が示されている。が、メタルIP電話や補完・代替案などにはデータ伝送遅延等の課題もある。JCA(日本チェーンストア協会)手順、全銀協標準通信プロトコルを用いた従来型EDIは、'24年1月以降利用に支障をきたす可能性があり、ISDNは使えない。ために企業はインターネットEDIへの移行を余儀なくされるという。

データ・アプリケーションは、上述のような状況を受け、インターネットEDIへの移行を促進、そのソリューションとしてACMS シリーズの最上位モデルであるエンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」を核に、同シリーズの販売を強化すると発表。既存他製品を利用し保守契約締結の顧客を対象に、同一モデル相当の「ACMS Apex」を半額で提供するキャンペーンを来年3月末まで実施する。

全銀協が新たに制定した広域IP網版プロトコルにおいて、インターネット対応(暗号化方式:TLS)の全銀TCP/IP手順をACMSシリーズ全6製品でサポート。全銀手順の仕様はそのままに、データ暗号化やサーバ/クライアント認証対応では既存アプリの改修を最小限にとどめ、スムーズかつセキュアにインターネットEDIへの移行を実現する。

「ACMS Apex」はテナント管理やデータ暗号化、高可用性、拡張性機能などを備えていて、VANなどのサービス事業者においては利用時に「POWERED BY ACMS Apex」ロゴが付与される。これによって、エンドユーザ企業がEDIサービスを選択する際の品質基準になることを目指すという。

ACMSシリーズの最上位モデル、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」を中心に販売を強化

カテゴリー: 情報通信   

関連記事