CTC、AI活用のためのハイブリッドクラウド環境を提供開始

伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、データの準備や学習、アプリケーション開発などのAIに関連する開発技術を体系化し、それに対応したAI活用のためのハイブリッドクラウド環境「CTC Integrated AI Platform Stack」を提供開始した。

CTCでは、AI開発でのデータの準備、学習、アプリケーション開発という3つのサイクルを統合した技術を体系化。それぞれのサイクルで必要とされる技術や要件を明確にし、関連するソリューションをマッピングした。

CTC Integrated AI Platform Stackは、今回策定した技術体系に対応したAI開発のIT基盤。データの収集や加工、分析などの各プロセスでは、連続的あるいはランダムというデータへのアクセス方法、GPUの使用/不使用といったインフラ要件が異なることもある。CTC Integrated AI Platform Stackでは、プロセスやセキュリティ、コストなどの要件に柔軟に対応できるハイブリッドクラウドの環境を用意した。

プライベートとパブリッククラウドの両方で、軽量な仮想環境であるコンテナ技術「Docker」や自動管理ツールを導入。AIを使用したアプリケーションの開発からサービス提供環境への移行を含めて、プライベートとパブリック間での移動が素早く実施できる。CTCによると、PoC(概念実証)からサービス提供までの全プロセスを効率化する継続的インテグレーション(CI:Continuous Integration)を可能にするという。CIとは、ソースコードからの生成(ビルド)やテストを継続的に且つ頻繁に行いアプリケーション開発の品質を向上させる手法を指す。

CTCはAIの開発と利用についてスモールスタートによる検証や本格的なビジネス利用を検討している企業にCTC Integrated AI Platform Stackを提供し、AI関連のビジネスによって3年間で50億円の売り上げを目指す。

AI開発のプロセスや技術を体系化

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事