Extreme、キャンパス環境向けネットワーク基盤を提供

Extreme Networksは、複雑なネットワークの管理にかかる時間とリソースに対する制約へのソリューションとして「Extreme Automated Campus」を発表した。Extreme独自技術と買収により取得した技術を統合し、完全自動化対応のセキュアなキャンパス環境向けネットワーク基盤を提供する。

Extreme Automated Campusは、同社によるAvayaのネットワーク事業買収成立から2カ月での発表となる。ユーザー環境でその有用性が実証されているAvayaの「Fabric Connect」インフラ、Extremeの管理基盤「Extreme Management Center」、Extremeのトップレベルのサポートサービスを一体化して提供するものだ。

Fabric Connectは、現在1,500以上の導入実績を持つ。Fabric Connect カスタマーエクスペリエンス調査報告によると、Fabric Connectはサービス提供までの時間を11倍、平均修復時間を7倍高速化し、ヒューマンエラーによる機能停止を全て排除するという。また、Extremeの有線/無線エッジ製品はFabric Connectアーキテクチャーに統合される。AvayaのネットワークポートフォリオもExtreme Management Centerに統合され、ネットワーク、ユーザー、デバイス、アプリケーションに対する可視性を実現することで、実践性の高い洞察力を提供する。

同時に、新たに2つのファブリック対応のハードウェアプラットフォーム「VSP 8600」「VSP 8404C」が、エンタープライズ・キャンパスでの高性能10/40/100Gbpsアグリゲーションおよびコアネットワークで利用可能となる。さらに、Extremeは顧客満足度向上のため、Extremeのトップランクのサービスとサポート組織によるエンドツーエンド・ソリューションのサポートを提供する。

Extreme Automated Campusは、情報漏えいの発生を食い止め、重要なアプリケーションや情報およびユーザーを隔離・保護する「ハイパーセグメント」を活用することで、セキュリティ向上を図っている。集中型で直感的なロールベースポリシーは、ユーザーおよびデバイスによるハイパーセグメントへのアクセスを制御する。

Extreme Networks、業界初となる完全自動化対応のセキュアなキャンパス環境向けネットワークソリューションを発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事