ams、車載用磁気位置センサーにPSI5インターフェースを搭載

amsジャパンは、2線式のPSI5インターフェースを採用した磁気位置センサー「AS5172A/B」を発表した。正確な回転位置測定を高速かつ安全に送信し、自動車OEMメーカーの厳しい安全基準への対応を可能にする。

PSI5(Peripheral Sensor Interface 5)は、車両センサーを電子制御ユニット(ECU)に接続するために広く使用されている標準規格。

システムオンチップ(SoC)装置「AS5172A」「AS5172B」は、0度から36度の非接触型回転式磁気位置センサーで、14ビットの高解像度で絶対角測定を提供する。両センサーは、自動車安全基準である「ISO26262」に準拠したSEooC(Safety Element out of Context)デバイスとして開発されたもの。広範囲なオンチップ自己診断システムを採用し、安全重視の自動車用アプリケーションに理想的なデバイスとして、最高レベルの自動車安全性要求レベル(ASIL)に適合した車両システムを実装できる。

AS5172A/BパーツのPSI5インターフェースは、PSI5仕様のバージョン1.3および2.1に規定された最新基準に準拠している。「AEC-Q100」規格を満たした両デバイスは、自動車用リモート位置センシングアプリケーションの多くをサポートする。ブレーキおよびアクセルペダルの位置センシング、スロットルバルブ、タンブルフラップ、ステアリング角センサー、シャーシのライドハイトセンサー、排気再循環(EGR)バルブ、燃料レベル測定システムなどが含まれる。

両デバイスは、供給電圧4V~16.5Vの広い範囲で動作し、最大+20Vまでの過電圧保護に対応する。また電源端子は、-18Vまでの逆極性電圧に対して保護されている。さらに、単線のUART-over-PSI5インターフェースを通じてデバイスのVDDピン経由で簡単にプログラムでき、アプリケーションのプログラミングコネクタのピン数を最少化するという。発注数量は1,000ユニット単位となる。

ams、最新の車載用磁気位置センサにPSI5インターフェースを搭載

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事