教育機関でクラウドネットワークのニーズが高まる

Extreme Networks(以下、Extreme)は、IT/ネットワーク管理者633人を対象にしたグローバル調査「Cloud-Managed Network Tends and Insights」を実施し、その結果を発表した。

今回の調査では、調査対象者のうち17%以上がクラウド管理型ネットワークをすでに実装済みであることが分かった。また、回答者の55%がクラウドソリューションを検討中、または2年以内に採用予定だった。Extremeによると、2016年の調査から41%増となり、クラウド導入の検討が拡大していることを示しているという。

また、企業・組織がIT環境をクラウドに移行したい理由で最も多かった回答として、「どの場所からでもリソースにアクセスできる」が60%、次いで「管理の容易さ」が53%だった。

現在利用しているクラウドサービスについては「電子メール」が59%と最も多く、「データファイルストレージ」が41%と続いた。クラウドをネットワークまたはシステム管理のサポートに利用していると答えた回答者は全体の18%で、5年以内に利用を計画しているとしたのは27%だったという。

Extremeによると、依然としてセキュリティ面がクラウドベースのサービスにおける最大の欠点としてみなされている一方、IT環境をクラウドに移行する理由として76%が「セキュリティの強化」と回答という。また、教育機関の学生や教師、スタッフが幅広いアプリケーションへのアクセスを可能にするクラウドソリューションを求める傾向がますます高まっているとの見解を示した。

エクストリーム ネットワークス、教育機関のIT・ネットワークマネージャーを対象にしたグローバル調査の結果を発表

関連サイト:

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事