第一生命、生活習慣病をアプリで改善する取り組み

ドコモ・ヘルスケア、NTTドコモは、第一生命保険の保険契約者に対して提供開始する健康増進アプリ「健康第一」のプレミアムメニュー向けに、ドコモ・ヘルスケアの「時間栄養学」に基づき生活習慣を改善するサービスをカスタマイズした「Myリズム」を開発・提供する。

第一生命の健康第一のプレミアムメニューは、これまで一般顧客向けに提供してきた「健康第一」アプリの内容を強化し、新たに第一生命の保険契約者とその家族に対し提供するもの。ユーザーのBMI値などの健康指標の改善と健康年齢の若返りをサポートするサービスを提供することで、ユーザーの健康づくりを支援する。

健康第一のプレミアムメニューに追加される特徴は以下の2点。
・5つの指標(BMI・血圧・血糖・脂質・肝機能)の改善を意識できるプログラム
・自身の改善すべき指標に合わせて、「カラダのリズム」「学ぶ」「食べる」「歩く」の4つの活動をサポートするコンテンツを配信し、アプリを通して日々の活動状況を自動で可視化する

ドコモ・ヘルスケアとNTTドコモは、5つの指標に合わせた改善プログラムと、カラダのリズム、歩く活動をサポートするコンテンツについて、これまで個人・法人のユーザーにモバイルを活用したヘルスケアサービスを提供してきた実績を活かし、健康第一アプリ向けに開発する。

Myリズムは、アプリに生活習慣を記録することで、一人ひとりに合わせた取り組みやすい生活改善メニューを提供する。改善メニューは全て管理栄養士の小島美和子氏が監修している。時間栄養学を基に「起きる時間」「寝る時間」「食べる時間」などの生活リズムを自らコントロールすることで、からだの土台を整え、ベストコンディションをつくることを支援する。

また、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド」で計測した歩数データを健康第一アプリで閲覧・管理可能とするためのサービスを開発し、今後順次提供する予定。

第一生命が新たに提供するアプリ「健康第一」向けに時間栄養学に基づくサービス「Myリズム」などを開発・提供

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事