AIを活用した顧客をつかむ自動ターゲティングツール

ALBERTは、人工知能(AI)を用いた自動ターゲティングサービス「Gripper(グリッパー)」を提供開始した。多くの企業のマーケターが簡単に使用できる顧客ターゲティングツールの製品化を目指して開発された。

Gripperは、購買・閲覧・属性などの定型データだけではなく、画像・テキストなどの非定型データも含めて総合的に活用することで、自動で顧客ターゲティングを行なうサービス。ディープラーニング技術を用いて画像やテキストデータから抽出した商品カテゴリやブランドなどの特徴と、購買・閲覧・属性といったデータを掛け合わせて解析。総合的に顧客の好みを把握し、機械学習を用いてターゲティングする。商品カテゴリやブランドといった粒度で、適切な販売促進を行なうことを支援する。

ALBERTによると、画像やテキストの特徴をディープラーニングで学習するため、購買や閲覧のデータが存在しない新商品においても、ターゲティングを行なうことができるメリットがあるという。

従来の顧客ターゲティングでは、性別・年代・購買回数・購買金額・最終購買日などの定型データのみを用いてマーケターが手動でセグメントを作成するため、恣意的になりがちだった。そうした課題を解決するために開発されたサービスだと同社は説明する。

また、DMやカタログを送付する際に、適切なターゲットを自動的に抽出してアプローチすることも可能。各種のデータウェアハウス、DMP、マーケティングオートメーションツールなどとの連携機能も備える。

ALBERT、人工知能(AI)を活用した新製品 「Gripper(グリッパー)」の提供を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

小さくはじめて大きく育てる 日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版(一部抜粋版)です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事