IoT、AIを活用した高度EMS構築に向けた実証実験

NTTコミュニケーションズは、横河電機、横河ソリューションサービスと、IoT/AI技術を連携させることで、製造業における生産技術の向上を目的にした高度EMS(エネルギー・マネジメント・システム)の構築に関する実証実験を2017年10月から開始する。

大量生産から多品種少量・変種変量生産へ、化学業界や紙パルプ業界をはじめ多くの製造現場で生産方式の変革が進んでいる。そのため、生産設備(プラント)には、製品の種類や生産量、原材料などの変化にも柔軟に対応できる高度な機能が求められている。その実現方法として、プラント内にある大量のデータを収集するIoT技術や収集したデータを高速・高度に解析するAI技術に注目が集まっている。

そこで今回、プラント制御におけるIoT/AI活用の経験を持つNTT Comは、プラントに必要な計測機器や制御システムなどを開発・製造する横河電機、同社の子会社でプラント高度化ソリューションなどの提供で豊富な実績のある横河ソリューションサービスと共同で、プラント制御の高度化に向けた実証実験を行う。

共同実験では、化学業界や紙パルプ業界をはじめとしたユーザー企業の工場で、電気やガス、燃料などのエネルギー供給と生産稼働の連携で最大効率化を図る「生産プロセス-動力間連携制御技術」や複数の生産工程間の制御連携を最適化する「生産プロセス間連携制御技術」に、IoT/AI技術を活用し、高度EMSを構築することで工場全体の最適化を目指す。NTTグループのAI関連技術「corevo」を活用している。

共同実証実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進している平成29年度事業「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に「高度EMSによる生産最適化技術の開発」というテーマで採択されている。3社は今後、技術の早期商用化に向けた検討も併せて進めていく。

NTT Com・横河電機・横河ソリューションサービスの3社がIoT/AI技術により製造業における生産技術の高度化を目指す実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事