サイプレス、超低消費電力Wi-Fi/Bluetoothコンボソリューションを発表

サイプレス セミコンダクタは、超低消費電力のWi-Fi/Bluetooth無線接続を実現し、ウェアラブル端末やスマートホーム製品、ポータブル・オーディオ・アプリケーションのバッテリー寿命の延長を可能にする「CYW43012ソリューション」を発表した。

サイプレスのCYW43012ソリューションは、28ナノメートルプロセス技術を採用。消費電力は現行のソリューションと比べて受信モードで最大70%、スリープモードで最大80%削減でき、バッテリー寿命を延長する。また、「IEEE 802.11a/b/g/n」に準拠するのに加えて、802.11acアクセスポイントとの相互接続が標準モードで可能だ。

これにより、スループットとエネルギー効率を向上し、同時に802.11ac Wi-Fiネットワークのセキュリティ強化や通信距離拡大も図れる。CYW43012コンボ チップの共存エンジンは、2.4GHzおよび5GHz Wi-Fiのデュアルバンドで、かつBluetooth/Bluetooth Low Energy(BLE) 5.0のデュアルモードを同時に対応可能。無線接続の複合性能を最適化したアプリケーションを実装できる。

サイプレスのIoT事業部のマーケティング担当副社長であるBrian Bedrosian氏は、「バッテリー寿命は、ウェアラブル端末やスマートホームセキュリティカメラ、ワイヤレススピーカーなど、様々なコネクテッドデバイスの重要な差別化要因。多くの人が連続使用時間の延長による利便性の向上を誰もが望んでいるからだ。サイプレスの新しいコンボソリューションは、消費電力の新たな基準を打ち立て、Wi-Fiデバイスの長いバッテリー寿命を実現する革新的なソリューションだ。802.11ac-Friendly機能はサイプレスの比類のないマルチ無線共存エンジンと相まって、高品質の接続性能と通信距離の拡大によって電波環境の改善に貢献するだろう」とコメントしている。

サイプレス、次世代のバッテリー駆動型ポータブルIoTデバイスを実現する 新しい超低消費電力Wi-Fi/Bluetoothコンボソリューションを発表

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事