全自動運用ドローンシステムの商用サービスを提供

ブイキューブロボティクス・ジャパンは、ドローンを活用したIoT基盤の開発を手掛けるシンガポールのH3 Dynamicsが提供する全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX(ドローンボックス)」を使った商用サービスの提供を開始した。

DRONEBOXは、ドローン機体に加えて、自動離着陸や自動充電に対応する基地が一体となったシステム。あらかじめ設定されたルートへの自動飛行や、画像・映像の撮影が可能なため、大規模な工場の巡回や設備の点検など人が現地に赴くことなく、自動的に業務を遂行できる。

また、ブイキューブロボティクスのリアルタイム映像コミュニケーションサービスや、画像認識・解析サービスと組み合わせることで、様々な業務に適用できる。さらにDRONEBOX本体に組み込まれたコンピュータは、ドローン機体が取得したデータの一次処理を行い、クラウドと連携して詳細に解析するなど高度な情報処理を可能にする。

サービスの提供開始にあたり、仙台市でDRONEBOXの試験飛行を実施。自動離着陸、自動充電など、全自動運用ドローンシステムであるDRONEBOXの基本機能を使用し、設備点検や災害時の活用を想定した試験を行う予定。

DRONEBOXは、基本月額利用料が70万円から。セットするドローン機体の機種、搭載されるカメラ・センサー、画像認識などの追加機能の有無、設置場所や環境等によって費用が変動する。

ブイキューブロボティクスは、2015年10月に設立され、ロボティクス領域において映像コミュニケーション技術とドローンコンピューティング技術を組み合わせたソリューション事業を展開。H3 Dynamicsは、産業向けIoTの持つ可能性を追求するクラウド・ロボティクス事業を展開する企業。

全自動運用ドローンシステムの世界初商用サービス提供を開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事