ルネサス、3Dサラウンドビューサービス開発で協業

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)と車載用ソフトウェアを手掛ける米Cogent Embedded(以下、コージェント)は、次世代の自動駐車システムに向けた3Dサラウンドビューサービスの開発で協業することを発表した。

両社協業による新サービスは、低消費電力な車載情報・先進運転支援システム(Advanced Driving Assistance System:ADAS)用SoC(System on Chip)である「R-Car V3M」と、コージェントの3Dサラウンドビューソフトウェアで構成される。

コージェントのソフトウェアとR-Car V3Mに内蔵されるひずみ補正ユニットであるIMR(Image rendering Unit)によって、GPU(Graphics Processing Unit)なしでも低消費電力で普及帯価格の3Dサラウンドビューが可能となる。エントリークラスまたはミドルクラスの自動車に対して3Dサラウンドビューシステムの搭載を容易にする。また、コージェントのソフトウェアのカスタマイズサービスを用いることで、ユーザーは自社の製品の差異化に専念して効率良く開発できる。

R-Car V3Mは画像の絵づくりや認識処理向けにセンサ信号の変換処理を行うISP(Image signal processor:画像センサ信号処理エンジン)を搭載。ISPを搭載しない廉価なカメラを用いてシステムを構成することで、BOM(bill-of-materials)コストを低減する。さらに専用の画像認識エンジンであるIMP-X5を搭載しているため、駐車枠や歩行者、障害物検知などの認識機能も備える。これらの機能により、ユーザーは3Dサラウンドビューシステムだけでなく自動駐車システムへの発展が可能だという。

ルネサスとコージェントが自動駐車システムの普及に貢献

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事