Excelの複雑なデータ加工処理もロボットが代行

RPAテクノロジーズは、インフォテリアとASTERIAサブスクリプションパートナー契約を締結し、インフォテリアの「ASTERIA WARP Core」をベースにしたBizRobo!の拡張サービス「BizRobo Smart Connect」の提供を開始した。

「RPA(Robotic Process Automation)」とは、人が行っていた業務の処理手順を操作画面上から登録しておくことでソフトウェアなどが自動的に処理すること。

近年、世界中でRPAが急速に普及・発展している。日本国内でも少子高齢化や働き方改革といった社会背景を受け、様々なビジネスシーンにおいて省力化を目指してRPAの導入企業が増加している。こうした背景の中で、さらなる省力化のためにRPAが担う業務の適応範囲の拡大や処理性能の向上が求められている。

RPAテクノロジーズによると、今回提供を開始するBizRobo Smart Connectサービスを利用することで、RPA製品単体では煩雑だった「Microsoft Excel」などの複数のファイル間でのデータ加工処理や、数万件以上の大量データの処理などが効率的に実施可能になるという。また、RPAの適応範囲が大きく広がり、より幅広い業務においてロボットによる業務代行を促進すると説明する。

さらに、「ASTERIA WARP Core」の豊富な接続機能を利用することで、様々なシステムとの連携がシームレスに可能となり、社内外のシステムやクラウド上のAI(人工知能)/Cognitive(認知技術)機能などとロボットがつながることで、RPAのカバー領域がより一層拡張されるという。

RPAテクノロジーズ が インフォテリア と提携し RPAの適用領域を拡張する「BizRobo Smart Connect」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事