トヨタ、クラウドを活用したハイブリッド型ナビ・音声認識を開発

トヨタ自動車は、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式の「ナビゲーション機能」と「音声認識機能」を開発した。2017年秋以降、国内で発売される新型車のナビシステム(メーカーオプション)に順次展開していく。

同社は、2つの新機能をDCM(車載通信機)の標準設定を柱とする「コネクティッド戦略」の一環として開発した。

ハイブリッドナビ機能では、DCMが装着された車両から収集した車両プローブ情報と外部情報を組み合わせたデータベースを用いて、クラウドでルート探索や施設検索などを処理して車載機に配信する。また、通信圏外やリルートなど速い応答性が要求される場合には、自動的に車載機での処理に切り替える。

クラウドによるルート探索では、各道路に対する通過時間のヒストグラム(確率分布)を蓄積した所要時間データベースに加え、より早く到着するルートとより正確な到着予想時刻を案内するために、所要時間の平均値だけでなくばらつきも考慮してルートを探索する。

また、区間が同一であっても、その進入方向や退出方向(直進・右左折)によって所要時間に差異が発生する。そのため、新機能では区間当たりの所要時間に進入・退出を組み合わせた複数の時間データを考慮することで、ルートの所要時間をより正確に算出できるという。

クラウド処理によって、ユーザーが車両を購入した後もルート種別を増やすことができる「拡張ルート」機能を利用できる。新しいルート種別はセンターからダウンロードすることで追加可能であり、その第1弾として今後「関東ETC2.0料金割引優先ルート」を提供する予定。

ハイブリッド音声認識機能では、クラウドによる音声認識の「自然な発話が認識できる」「店舗名称など多量な施設名称の認識ができる」という利点、車載機による音声認識の「応答性が速い」という双方の利点を活かす。

発話内容や状況に応じて、クラウドと車載機の機能を自動で使いわけることでマルチメディアシステムの快適な音声操作を可能とする。使いたい機能を意識することなく、音声認識システムを起動し、「駐車場のある蕎麦屋を探す」、「エアコンの風量を最大にする」などの自然な発話で各操作を可能としているとトヨタは説明する。

トヨタ自動車、ルート探索や施設検索の「ナビ機能」・「音声認識機能」を、利用状況に応じて自動的にクラウド処理と車載機処理を切り替える「ハイブリッド方式」の新技術を開発

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事