ドローンの倉庫内活用に向けた実証実験を実施、日本通運

日本通運はキヤノンマーケティングジャパン、プロドローンと共同で、倉庫内での在庫管理や物流施設警備へのドローンの活用に関する実験を自社倉庫「Tokyo C-NEX」で実施した。

倉庫・流通施設など、非GPS環境下にある物流現場でドローンの積極的な活用を検討していくため、最新型ドローンを使用した実証実験を行い、現状の技術レベルの検証と実用化に向けた課題を確認することが目的。

倉庫に見立てたセットによる半自律飛行実験によって、飛行高や貨物から一定距離を保持する自律飛行機能の一部を実証。また、飛行しながらのカメレオンコード読み取り実験を行い、超高感度多目的カメラによる警備を想定した撮影実験を実施した。

その結果、非GPS環境下において、飛行高や貨物からの距離を一定に保って半自律飛行できることを確認した。また、飛行しているドローンに搭載したカメラで、カメレオンコードの一部を読み取れることを確認。超高感度多目的カメラにより、照明を落とした物流施設内で対象物を認識できた。

日本通運では、ドローンの前後方向への移動も自律飛行する完全自律飛行の実現、カメレオンコードの読み取り精度の向上に向けたカメラおよびドローンの技術開発などを今後の課題に掲げている。

同社はロジスティクスエンジニアリング研究・開発の一環として、関係先と協力し、ドローンが持つ「飛ぶ」という機能を基本に「運ぶ」、「見る」「探る」「調べる」「監視する」といったドローンの特性を活かした多方面での活用を今後も検討する予定。

日通、ドローンの倉庫内活用に向けた実証実験を実施

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事