業務システムのログデータ集積システムを販売開始

中央システムは、ログ集積プラットフォーム「アットハブ」を提供開始した。様々なハードウェア、ソフトウェアから作り出される業務データを「いつ」「どこで」「誰が」「何を」の構成要素に抽象化し、業務依存、業務特化しないデータとして格納する。

アットハブは、各種センサーやビーコン、ICカード、バーコード、RFID、電話、スマホアプリなど多種多様なハードウェアやソフトウェアから「いつ」「どこで」「誰が」「何を」といったログデータを集積し、業務システムにデータ連携を可能にするハブシステム。

ログデータを「いつ」「どこで」「誰が」「何を」に抽象化することで、ログを作り出すハードウェア、ソフトウェアに依存しないデータとして扱うことを可能にし、業務システムにおけるログデータの活用を容易にするという。

これまでユーザーが様々なデバイスからログデータを業務に活用したい場合、まずデバイスを選定し、データを収集する仕組みを構築、さらにそれを業務システムに連携する仕組みを作らなければならず、時間とコストがかかっていた。

アットハブでは、データの収集に必要な様々なハードウェアやソフトウェアをあらかじめ用意している。そのため、ユーザーはアットハブと連携可能なハードウェアやソフトウェアを選ぶだけで、業務システムに必要なログデータをすぐに活用できる。費用も時間もかけることなく、必要なデータをすぐに活用できるため、業務システムの様々な課題を解決することができるという。

中央システムによると、以下のような課題解決に役立てることができると説明する。
・労働時間の適正な把握のための客観的な記録の取得
・人感センサーを使った遠隔施設の稼働状況の把握
・電話の着信履歴を活用した人材派遣業の点呼業務の効率化
・物流ラインのコール(呼び出し)システム、生産ラインの工程毎作業時間の集計

アットハブは、基本料金と月間の発生データ数による従量課金制。初期費用が10万円で、月額利用料が5万円から、1ログデータ当たり0.5円で利用できる。

中央システム、ログ集積プラットフォーム『アットハブ』を提供開始 |

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事