製造現場を可視化しトータル管理

品質の確保と生産性の向上は永遠のテーマである。製造業において、昨今あらゆるモノがネットにつながる「IoT」への取り組みが進展している。

製造現場の各種情報を活用した、製品品質や業務生産性の向上による競争力強化の重要性が一段と高まっているという。SCSKは、製造業における現場情報の可視化を実現するIoTソリューション群「PrimeDashBoard」をきょう、提供開始する。

製造拠点内や納品先の設備稼働状況など、製造業のさまざまな可視化ニーズに応える仕組みを提供する。PrimeDashBoardは、コントローラやデータ連携システムからの「データ収集」、製造現場データベースによる「データ蓄積・管理」および「データ可視化・分析」から構成される階層型アーキテクチャによる柔軟なシステム構成が可能で、それぞれが役割分担・連携して、生産管理・品質管理・設備稼働などのさまざまなデータ種別・データ量・発生頻度への対処、リアルタイムデータと長期保管データなどの蓄積・管理の取り扱い、そして現場業務で活用できる。

顧客の要請に応える段階的拡張、利用現場の細かな要求に応える柔軟性を持ちながら、小規模のクイックスタートも可能で、SCSKが提供するITトータルサービスにより、これらの展開・運用へのフルサポートサービスを提供可能だという。

「PrimeDashBoard」では、多種多様な現場データを収集して、一元的な情報蓄積・管理を実施する。現場の生産・品質状況や設備稼働状況をリアルタイムに可視化して、業務の効率化・高度化につなげられる。実用的なIoTソリューションの活用により、タイムリーかつ詳細に現場状況把握が可能となり、後追い業務対応などによるロスを削減できる。広範囲の関係者による一元的な情報共有が容易になり、適確な意思決定による経営品質の向上につなげることも可能とのことだ。

製造業向けIoTソリューション「PrimeDashBoard」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事