イベント用送迎バスにVRを導入、KDDIとWILLER

KDDIと、移動ソリューションを提供するWILLERは、高速バスの移動中にVR(仮想現実)コンテンツを楽しめるサービス「ライブバスVR」を提供開始した。

WILLERの高速バス「WILLER EXPRESS」は、ライブやイベント会場への移動手段として年間約70万人(2016年)の実績を持つ。2010年12月からは、アーティストグッズのプレゼントや限定DVDの放映など様々な「オリジナル特典」が付いたライブ会場直行バス「新規ウィンドウが開きますライブバス」の提供を開始し、ライブに行くユーザーの移動を支援してきた。

ライブバスVRでは、「オリジナル特典」の提供に加え、バス車内でKDDIが制作した限定VRコンテンツを体験できる。ライブ会場への移動をより一層楽しむことができる。会場直行で便利なライブバスに新たなテクノロジーを掛け合わせたライブバスVRの提供を通じて、ユーザーに「エンタテイメントな交通」を提供すると説明する。

第一弾として、5人組ダンスロックバンド「DISH//(ディッシュ)」の単独ライブ「DISH// 日本武道館'18元旦 単独公演」のツアーバスでライブバスVRを提供する。

WILLERによると、360度拡がる高精細なVR映像で、「DISH//」メンバーとの雑談やデート、告白などのシーンを体験できる他、「バイノーラル音源」の導入により、まるでその場に居合わせたかのような音声の臨場感を味わうこともできるという。

なお、ライブバスVRを利用したユーザーは、「DISH//」仕様のオリジナルハコスコを購入できる。帰宅後も限定VRコンテンツを楽しめる。

さらに、2017年9月末からは、カラオケ店舗で利用できるKDDIのVRサービス「KDDI カラオケVR」(JOYSOUND品川港南口店)で、「DISH//」の限定VRコンテンツの一部を先行配信しする

今後、他のアーティストの「ライブバス」、「観光バス」、「鉄道」など、WILLERが提供する様々な移動ソリューションでVRコンテンツの配信などを検討する。

高速バスの移動中に臨場感溢れるVRコンテンツが楽しめる「ライブバスVR」を提供開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事