経営管理システムをクラウド化 富士通と富士通マーケティング

富士通と富士通マーケティングは、大手・準大手企業向けのグループ経営管理ソリューション「GLOVIA SUMMIT」シリーズに、経営管理クラウドサービス「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA SUMMIT クラウド」(以下、GLOVIA SUMMIT クラウド)を追加し、販売を開始した。

GLOVIA SUMMIT クラウドは、オンプレミスで提供してきたGLOVIA SUMMITシリーズをSaaS(Software as a Service)として提供する。また、富士通の社内実践によるノウハウをベースとしたAPIやインターフェースなどの開発部品をPaaS(Platform as a Service)として提供することで、顧客ごとの業務要件に合わせた柔軟なアドオン・カスタマイズを可能にする。パブリッククラウドの一部を顧客専有のプライベートクラウド環境として割り当てることで、安定したパフォーマンスを提供する。

経理財務部門の現行システムからクラウド環境への移行や、業務要件に応じた機能追加などに対応するため、顧客ごとの独立したシングルテナント構成とし、APIやインターフェースなどの開発部品を活用したアドオン・カスタマイズの構築を可能とし、柔軟なグループ経営管理ができる。

富士通のパブリッククラウドに、顧客専有のプライベートクラウド領域を割り当てることで、オンプレミス版の約3倍のバッチ登録性能を発揮する。また、パブリッククラウドのスケールメリットを活かし、業務負荷に応じたタイムリーなスケールアップ/スケールアウトも可能。

GLOVIA SUMMIT クラウドの基本サービスとして、法制度・会計基準などの制度改正対応や日々の運用作業を支援し、顧客企業のシステムの運用・保守にかかる負担やコストを軽減する。また、顧客のサービス利用の負荷状態を可視化する「パフォーマンスレポート」や、各機能・サービスの利用頻度を可視化する「業務監視レポート」を提供。経理財務業務の平準化や、GLOVIA SUMMITのサービス機能の使いこなし強化など業務の高度化を支援する。

GLOVIA SUMMITクラウドシリーズは、「GLOVIA SUMMIT GM クラウド」が月額50万円から、「GLOVIA SUMMIT FM クラウド」が月額50万円から、「GLOVIA SUMMIT MI クラウド」が月額30万円からとなっている(いずれも税別)。

柔軟性と高性能を合わせ持つ経営管理クラウドサービス「GLOVIA SUMMITクラウド」を販売開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事