北陸銀行、AIを活用した文書データの利用高度化への実証実験を開始

電通国際情報サービス(以下、ISID)とFRONTEOは、北陸銀行と共同で、FRONTEOが独自に開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を用いて、銀行業務における文書データの利用高度化に向けた実証実験を開始した。

実証実験では、北陸銀行の行員が顧客と接した際の大量の交渉記録の中から、KIBITによる解析を通じて見つけ出したいデータを短時間で分類し、的確に抽出。これにより、良好な提案事例であるか、金融商品販売時に適切な説明がなされていたかなどを判定する。

顧客をきめ細かくフォローできる体制を確立し、北陸銀行の「お客さま本位」の営業体制の実現を目指す。実施期間は約2カ月を予定しており、解析結果の妥当性や実際の業務への適合性を検証する。

FRONTEOは、KIBITの開発元として、データ抽出を効果的に行うためのチューニングや、人工知能に読み込ませるデータ作成のサポート、KIBITの操作のレクチャーなど技術支援全般を担当する。

ISIDは、北陸銀行をはじめ数多くの地域金融機関に顧客とのコミュニケーション形成を支援するソリューションを提供してきた知見を生かし、教師データの作成支援や解析結果の評価支援等、実業務への適用を見据えて支援する。

ISIDとFRONTEOは、実証実験の成果を踏まえ、解析結果のさらなる精度向上や現状業務を踏まえた導入計画の立案など、北陸銀行での実導入に向けた支援を進める。また実証実験で得られた知見を基に、両社の技術やソリューションを融合した新たなサービス開発にも共同で取り組んでいく計画。

ISID と FRONTEO、人工知能KIBIT を活用し、北陸銀行の文書データを分析する実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事