災害時の従業員安否をスマホで管理――NTTレゾナント

NTTレゾナントは、災害時の事業継続に必要な情報のやりとりを支援する企業向け災害対策マネージメントソリューションを提供開始した。業継続に必要な初動に関するサポート機能を提供することで安否確認、的確な状況判断と対応指示を可能にする。

災害対策マネージメントソリューションは、「災害管理ダッシュボード」と「スマホアプリ」を連動させることで、発災時に従業員から「安否状況」「被災状況」「支援物資の状況」などの必要な情報を一元化して収集できる。

また、事業継続に必要な初動に関するサポート機能により、安否確認にとどまらず、的確な状況判断と対応指示が可能。さらに気象災害情報の他、内閣府が発表する全国瞬時警報システム(Jアラート)の情報も受信できる。

災害管理ダッシュボードは、被災時の企業における災害対策本部の情報収集・安否確認・対応管理などのやりとりを支援する。災害時の状況(従業員安否、拠点状況、対応指示・回答状況)を現場支援用のアプリと連携し時系列に管理する。

また、災害管理ダッシュボードとスマホアプリを連動させたシステムをベースに、企業ごとに異なるBCP(企業継続計画)対策の方針や組織体制などに合わせて、システムの基本機能を組み合わせてカスタマイズして提供する。

現時点で被災時の情報収集の方法が決まっていない企業や、情報を一括して収集する仕組みがない企業でも災害対策マネージメントソリューションを導入することで、それぞれの企業が必要な機能を簡便に備えられる。

企業規模や業種ごとに異なる情報を一括収集・管理することで、BCP対策における各種災害時対応に役立つという。既に京都中央信用金庫での採用が決定している。


【注意事項】
災害情報受信機能(Lアラート情報およびLアラートを通じて受信可能な「Jアラート」)のご利用については、(一財)マルチメディア振興センターが定める主旨・規約に則り、アプリ等で地域住民への情報周知を行う場合に利用が可能であり、情報伝達者としての資格申請・許諾が別途必要となります。

なお、京都中央信用金庫様は、LアラートおよびJアラートの受信機能はご利用されておりません。

スマホアプリを活用し、社員・施設の被害状況把握と情報伝達を迅速化! 災害対策マネージメントソリューションの提供を開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事