「Sigfox」を活用した物流IoTサービスで協業、双日ら3社

双日、アイ・サイナップ、京セラコミュニケ―ションシステム(以下、KCCS)の3社は、無線通信技術「LPWA」の1つであるIoT(モノのインターネット)ネットワーク「Sigfox」を活用した物流IoTサービスの提供で協業を開始した。

今回利用するSigfoxは、低コスト、低消費電力、長距離伝送を特徴とする通信規格。2009年にフランスで導入が始まり、現在32カ国に展開。2018年までに60カ国に拡大する予定だ。

Sigfoxを活用したIoTソリューションは、物流や社会インフラ、ヘルスケア・見守り、防犯・防災、農業などの分野で欧州での普及が先行している。日本でも普及しつつあり、今後、様々な分野での活用が見込まれている。

物流業界においては、安全性と効率性を両立しつつ環境に優しい物流サービスの構築・運用に加え、「グローバルサプライチェーンマネジメントの高度化」と「リアルタイムでシームレスな情報連携」への対応が求められている。

双日、アイ・サイナップ、KCCSの3社は、このような物流業界が抱える課題解決と物流の生産性向上に向けて、Sigfox関連のセンサーデバイス、アプリケーションサービスを開発・提供していく。

双日がSigfoxを活用した物流IoTサービスの提供を、アイ・サイナップがSigfoxに対応したセンサーデバイス開発を、KCCSがSigfox無線基地局の設置およびネットワークサービスの提供をそれぞれ担う。

3社が協業したサービスでは、電池交換が複数年不要なセンサーデバイスの費用に加え、Sigfox通信費、クラウド利用料の全てを含んだサービスを低価格で利用できることを目標とする。これによって、サプライチェーン全体の効率化、集配効率の向上、積載量の変動の緩和を図り、物流の生産性向上を図る。

3社は、2017年度はサービスに関心のある物流事業者との実証運用を推進し、改良と検証(仕様の確定)を行い2018年度内の実用化を目指す。

IoTネットワーク「Sigfox」を活用した物流IoTサービスに参入

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事