みずほ銀行、住宅ローン契約電子化システムの運用を開始

みずほ銀行と新日鉄住金ソリューションズは、日本情報経済社会推進協会(以下、JIPDEC)の協力の元に提供する電子契約サービス「FINCHUB(フィンチューブ)@absonne(アブソンヌ)」を導入し、住宅ローン契約電子化システムの運用を開始した。

従来、顧客が住宅ローンの借り入れを利用する際には、住宅ローン審査手続が終了した後で紙の契約書へ必要事項を記入し、署名・押印した上でみずほ銀行に送付する必要があった。

今回運用を開始したシステムを利用すると、みずほ銀行へ来店することなくインターネット上の操作のみで契約手続きを済ませることができる。また、課税対象となる契約書面の電子化で印紙税のお支払いが不要になる。

システムの利用に際しては、みずほ銀行のネット住宅ローン申込システム「申込ボード」を通じて審査結果を確認した後、そのままインターネット上で契約手続きを実施する。PCやスマートフォン、タブレット端末から契約書内容を確認し、審査手続終了後に取得したパスワードを入力すると、紙の契約書における署名または押印と同等の法的効力を持つ電子署名とタイムスタンプが契約書に付与される。住宅ローンの電子契約では、電子署名用のパスワードを入力するだけで契約を締結できる仕組みとなっている。

このシステムでは、JIPDECによって発行され、なりすましや情報改ざんを防止する電子証明書である「JCAN証明書」を活用している。FINCHUB@absonneは、新日鉄住金ソリューションズが提供する住宅ローン・法人融資業務特化型の電子契約サービス。

住宅ローン契約電子化システムの運用を開始

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事