フィールドワーカーの健康状態を見守るIoTサービス

NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)は、リストバンド型バイタルセンサーを活用してフィールドワーカーの健康や安全を見守るクラウド型IoT(モノのインターネット)サービス「みまもりがじゅ丸」を販売開始した。

みまもりがじゅ丸は、リストバンド型バイタルセンサーを活用して、フィールドで働く人々(フィールドワーカー)の脈拍数を計測。現在地の情報と合わせてリアルタイムに管理し、それらの情報を管理者に通知するサービス。

例えば、警備会社の管理者が、炎天下の屋外イベントで会場内に広く配備された警備員の健康状態や所在位置を一括で把握することで、事故の予防や適切な業務運営を行うことができるようになる。

約1年にわたり13社のべ550人日以上のPOC(Proof Of Concept)を実施したデータを基に、医療専門家による監修の下で培ったノウハウや分析ロジックによって的確にフィールドワーカーの異常を検知する。

また、フィールドワーカー全員の健康状態をリアルタイムで一覧表示することで、管理者がワーカー個人の安全を個別に把握するラインケアを充実させることも可能。このサービスにより健康悪化の兆しを検知し、ワーカーが単独で働いている場合でも見守られている安心感を与えることができるという。

さらに、複数のフィールドワーカーの脈拍が変化した場所を重ね合わせることで、ヒヤリ・ハットポイントを発見できるという。

例えば、ベテランドライバーの脈拍変化からヒヤリ・ハットポイントを抽出することで、普通では見落としがちな危険箇所をビギナードライバーに注意喚起できる。フィールドワーカーの脈拍を活用することで工場における製造作業中や工事現場内での建設作業中などでのヒヤリ・ハットポイントの抽出が可能となる。

みまもりがじゅ丸では他システムとの連携可能なAPIを利用することで、運行管理や作業工程管理などの様々なシステムと組み合わせて、システムの高度化や機能拡張が図られる。

同サービスは、IoTサービス「みまもりがじゅ丸」(クラウドサービス、スマートフォンアプリ)、活動量計(脈拍計測機能付き活動量計)、スマートフォン(iOS、Android OS)、通信SIMなどで構成される。

利用金額は、みまもりがじゅ丸(活動量計10個登録可)が月額2万円(税別)から。標準プラントとシンプルプランの2つのサービスプランがある。

フィールドで働く方々の健康状態をみまもるIoTサービス「みまもりがじゅ丸」提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事